*

フラジャイル 第5話感想&第6話あらすじ!安田章大のピアノ

Sponsored Link
 

      2016/02/11


フラジャイル第5話は野村周平の回だったねー。

いつも淡泊で、コーヒーしか作ってない森井久志だけど、この第5話ではとても情熱的な部分が見えてきました!

そんでもって、余命宣告を受ける保育士の患者を演じる安田章大の演技がたまらなかったね。

一瞬ピアノ弾いてたし!一瞬!

最後の子供ってショウタって言うんだね。なんか変な気分だね。

まぁ、とても全体的にフレッシュで若々しかったぞ!

 

野村周平のインスタとtwitter画像で髪型セット方法を学ぶ

 

フラジャイル 第5話 感想

フラジャイル 第5話 感想 第6話 安田章大 ピアノ

やはり、感想としては安田章大が余命宣告を受けているにもかかわらず、あの明るい笑顔の表情を崩さなかったこと!

ここにどうも胸を打たれました。

なぜか森井は彼に対して気になってるようだったね。

2人が自転車に乗っているシーンはちょっと違うけど、キッズリターンを思い出したね。(全然違うか。。。)

そして、野村周平と安田章大が二人並んで座っているところは何故か興奮した。

この組み合わせにとりあえず興奮した。

小早川が手術をするのに多額のお金がかかることに、諦めを感じている様子を見て、

森井は初めて自分のことを話した。

そうか。。。だからいつもそんな迷いのある表情してたのか。。。

てか、ロードバイクが寒そうだぜ!

手術ってお金かかるんだなぁ。

森井が熱くなって小早川を生かそうとするシーンは良かった(涙)

岸先生のあのド突きも良かった、てか何の技だよ(汗)

最後は、子供の母親何してんだよ!バカか!

フラジャイル 第6話 あらすじ

Sponsored Link

診療相談外来を受け持つことになる岸先生だけど、

医師として動き出しちゃうの!?

まぁ絶対に持たないだろうけど、病理診断科の面々の予想は的中。。。

結局また一人で面倒なことになりそうになる宮崎。

そこにセカンドオピニオンで宮崎のもとに現れた赤ん坊を連れた女性がやってきた。

患者の母親のようだ。

彼女は次々と変わっていく息子の診断内容に戸惑いを隠せないでいるようだ。

ちょっと、岸先生!どうするんですか!

患者と会いたくないからって理由でそんな勝手すぎじゃないですか!

第6話の宮崎の慌てぶりが目に浮かぶ。。。

岸先生は最後にどうにかしてくれるのかな?

よくよく考えたら、第5話って岸先生の活躍があまり見られなかったかもしれない。

セカンドオピニオンって自分も一度受けたことがあるけど、

本当に先生によって言うことが違かったりするんだよね。

症状は一緒なんだけど、治療法が変わってくるというか。

まぁ、私の場合は痔の手術だったんで、摘出かレーザーかどっちかみたいな感じだったんだけどね。

高いか、安いかのレベル。

内科になるとどうなんでしょうね。

あまり病気にかからない体質だからなぁ(呑気)

 

長瀬智也の父はレーサー?母が経営する実家のお店の名前は?

 - ドラマ