*

UNOの上がり方変更?とりかえっこワイルド&白いワイルドとは

Sponsored Link
 

   


UNOって久しくやっていない。

小学生で家族旅行に行ったにときやったのは覚えている。

それからやることは無かったけど、

大学の合宿で久しぶりにやった時にすげー盛り上がったのは覚えている。

 

その時を最後にUNOをやった記憶は無い。

”ボケて”でお馴染み、「はい!UNOって言ってないー!」の、

ヒラリー・クリントンでUNOの存在を実感しているけど(^_^;)

言ったら、トランプもやってない。

トランプ氏のことはいつも見てるけど(^_^;)

 

そのUNOが2016年で発売45周年を迎える。

45年なのか(・.・;)

ルービックキューブより古いじゃん。歴史があるね。

 

45周年を迎え、ルールが変更されるようだ。

3月中旬からリニューアル版が全国発売されるみたいなんだけど、

ルールが変わるのは初めてのことらしい。

ちょっとUNO買ってこようかな。

 

UNOの上がり方

UNO 上がり方 変更 とりかえっこワイルド 白いワイルドカード

 

簡単にUNOのルールと上がり方を確認しよう。

UNOに関してはローカルルールとか無いと思うので、問題ないと思うけど、

 

UNOのカードは、

赤・青・緑・黄の4色の数字カード特殊カードがある。

カードを全員分ランダムで7枚づつ配り終わったら、

残りのカード(山札)を中央に置き、一番上の1枚をめくりって隣に提示します。

 

あとは、提示されているカードと同じ数字か同じ色をそのカードの上に重ねて出していき、(特殊カードは同じ色だったら出せる)

手札がなくなれば上がりである。

このとき、手札が最後のカードになった時は、「UNO」と言わなければ、

上がったことにならない。

 

 

つまり、

 

 

 

UNO 上がり方 変更 とりかえっこワイルド 白いワイルドカード

 

と言われることになる。

 

そして、

特殊カードについてだが、

種類は5種類ある。

公式のルールでは、下記のように説明されている。

 Reverse リバース
手番が反対回りになる。2人でプレイしている場合はスキップと同じ効果を持つ。

 Skip スキップ
隣にいる次のプレイヤーの手番を飛ばして1回休みにする。

 Draw Two ドロー2
次の手番のプレイヤーに山札から2枚とらせる。このカードで山札からカードをひかされたプレイヤーの手番はそこで終了し、場にカードを捨てることはできない。
◆このときドロー2かワイルド・ドロー4を出すことができれば、これを回避して次の手番のプレイヤーに順送りすることができる。ひかなければならない枚数は累積されてゆく。

 Wild ワイルド
場に関わりなく自分の手番ならいつでも出すことができ、さ らに場の色を指定できる。

 Wild Draw Four ワイルド・ドロー4
場札に関わりなく自分の手札に場の色と同じ”色”のカードをもっていなければ(※数字や記号は関係ない)、いつでも出すことができ、場の色を指定できる上に次の手番のプレイヤーに山札から4枚をひかせる。このカードのペナルティで4枚のカードをひいたプレイヤーの手番はそこで終了し、場にカードを出すことはできない。またペナルティをうけるプレイヤーは4枚のカードをひくかわりに”チャレンジ”する権利をもつ。チャレンジについては後述。
◆このときワイルド・ドロー4を出すことができれば、これを回避して次の手番のプレイヤーに順送りすることができる。ひかなければならない枚数は累積されてゆく。

※本家の英語版ルールでは、数字と記号の一致は除外されているが、なぜか(誤訳のためか?)日本語版のみ数字と記号の一致もワイルド・ドロー4をだす条件になってしまっているので注意すること。日本ウノ協会ではグローバルに英語版ルールを採用している。

 

このルールでほぼ合っているが、

チャレンジというのは、私はやったことがない。

また、ドロー2やワイルドを使用した場合に、

同じ色であれば、リバースとスキップを組み合わせて遊んでました。

そのほうが、全員にスリルがあるじゃん(笑)

 

また、特殊カードでの上がりはNG。

同じ数字のカードは色違いでも一緒に出せるけど、

2枚以上同じ数字カードを最後に出して上がったとしても、

その前段階で「UNO」と言わなければ、

 

 

UNO 上がり方 変更 とりかえっこワイルド 白いワイルドカード

 

 

と、言われるから注意しよう。

 

UNO 新ルール
『とりかえっこワイルド』
『白いワイルドカード』

Sponsored Link

で、新ルールというのは、

新しいカードの導入だ。

従来カードに加えて、

 

指定した相手とカードを”すべて取り換えることが出来る”

『とりかえっこワイルド』

 

好きなルールを何度でも書き込める

『白いワイルドカード』

 

の2種類の特殊カードが加わる。

とりかえっこワイルドはユーザーから要望の声が最も高かったらしいです。

そう言われると、確かにグッドカードだと思う。

ただし、このカードは1枚の導入なので、そんなにチャンスは無いんじゃないか?

 

気になるのは、白いワイルドカードだ。

好きなルールを何度でも書き込めるっていうのがよくわからない。

このカードは3枚導入されるらしいけど、

好きなルールってどこまでのルールを書き込めるのだろうか?

そこまで需要があるのかわからないけど、

詳細は、リニューアル版のUNOに使い方などが記載されていると思うので、

買ってみるしかないよね。

 

 

 

 

 

UNO 上がり方 変更 とりかえっこワイルド 白いワイルドカード

 

 

 

マテル社 ウノカードゲーム UNO・カードゲーム [UNOカ-ドゲ-ム]

 

 

 

 - コラム