*

ボブサップDV被害女性の画像が衝撃!動画も間もなく!

Sponsored Link
 

      2017/12/21


DV夫というフレーズはよく聞くようになりました。いや、よく聞くようになった実態はよくないんですけど、配偶者や交際相手から暴力を振るわれてた人が近年声を上げるようになってきてニュースやドラマの題材として取り上げられるようになったなと思います。

この闇に隠れた問題が表沙汰になったおかげで救われた方もいるかもしれません。みんなそういうのは声に出していったほうがいいんですよやっぱり。

さて、そんな中またしても一般女性からのDV被害のニュースが出てきました。

しかもその相手は…ボブサップです。

ボブサップ暴行疑惑!DV被害にあった女性

171220_c

ではこのニュースの一文を御覧ください

2000年代、K-1など格闘技の大会に出場し、「ビースト」のニックネームで人気を集めたアメリカ人格闘家、ボブ・サップ(44)。彼と約6年間交際していた日本人女性A子さん(39)が「週刊文春」の取材に壮絶なDV被害を初告発した。

いや待て待て待て!!

DVは割合として男性が女性に暴行などを加えるケースが高いですけど、それは男性のほうが女性より体格的な優劣があるからそのようなケースに発展しやすいわけですよ。

ただそれは一般人男性だからDVで済んでるけど、それがボブサップだったらもはやDVというワードに収めることは出来ないぞ(・_・;)。

もともとボブサップのマネージメント業務も手掛けていたという女性。2人は2011年より交際をはじめました。

しかし・・・・

その女性からの告発はこうです▼

「2011年の半ばから日本や海外を一緒に転々とする日々が続いたのですが、彼が発作的に私を面罵するようになったのです。突然人が変わったように、『浮気しただろ』などとい言いがかりをつけて、ホテルや新幹線などでも何時間もこき下ろすのです」

「翌年2月に控えた試合のため、ニュージャージーでトレーニングをしていたときのことです。深夜0時頃、食事からホテルの部屋に戻ったサップは、機嫌が悪かったのか、いきなり私を1.5メートルの高さから床に投げつけた後、身体中を殴り始めたのです」

こ・・・怖い。

考えてみてくださよ、身長2mの140~160キロのビーストからに殴られることを。

リングの上の状況がまさにホテルで行われているわけです。

1.5メートルの高さから床に投げつけるって絶対骨折すると思います。つまり自動販売機くらいの高さか強く投げられるってことですからね。

ただじゃ済まされない状態になるはずです(・_・;)。

被害女性のアザ画像

その暴行で出来たアザなどの証拠画像がこちらです▼

171220_d

 

そりゃそうなるよ。

つーか痛々しすぎて見てられないです。

ホントにドラマで見たことあるアザそのままですもん。

さらに全身の画像も・・・▼

171220_e

腕のアザが目立ってますけど、ボディにも足にも薄紫に点々が見えます。

これそうとう暴力受けてますよ。

むしろ相手がボブサップでよくこれだけのアザで済んでるのか不思議なくらいです。しかも交際6年間ですからね(・_・;)。

Sponsored Link

週刊文春から動画公開

今回の報道や証拠写真は週刊文春のものによります。(すごいぞ文春)

そして被害女性の告発を受けて文春側がボブサップにメールで質問を送ったそうなのですが、返答はなく。

届くのは交際女性へのこのような謝罪メッセージ▼

171220_f

実は週刊文春はこのDV騒動の詳細を更に詳しく報道する模様です。

そこにはこの件に関係する動画も公開されるようなので、そちらは情報分かり次第こちらのサイトでもお伝えしようと思っています!

まじでボブサップからのパンチを考えただけで恐怖ですわ。

 

追記

こちらより一部音声インタビュー動画が閲覧可能になりました
http://www.nicovideo.jp/watch/1513738745

フリッジィズー Extreme BEAST ビースト ボブ・サップ 【 フリッジィズー エクストリーム フリッジィズ 】

フリッジィズー Extreme BEAST ビースト ボブ・サップ 【 フリッジィズー エクストリーム フリッジィズ 】

ショップ名変テコ雑貨と玩具のにぎわい商店

価格¥2,052

レビュー平均4.6点

現場から東海林が お伝えします!ボブ・サップと東海林のり子を新たに迎えて制作されたあなたの冷蔵庫を守る極上の笑いFridgeezoo Extreme【リポーター&ビーストの2種同時発売!】Fridgeezoo Extreme(フリッジィズーエクストリーム)では、これまでのFrid…

Supported by 楽天ウェブサービス

 - 人物